上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Googleマップとストリートビュー


大きな地図で見る

Googleのマップが少しずつ更新されてきていますね。
ストリートビューは知らない土地でも見ることができて便利です。
しかし現実に、震災後の現状も見えることになります。少しつらい。
上のストリートビューのリンクは、気仙沼高校と気仙沼向洋高校の艇庫跡です。
跡地と言うか何もないです。
気仙沼では少しずつですが、気仙沼の海でセーリングができるように準備が進んでいるようです。
ストビューですので、ドラッグで向きを変えられます。
後ろを振り返れば、まだFJの残骸が残っています。

続きは下に
セーリングはフィールドが海なだけに、津波の後ではなかなか元には戻らないだろうと思いましたが、本当に復興が進んでいるように思えません。
三陸地方の岩手県がんばれと、何とかメディアに出てきて忘れないようにしています。
しかし気仙沼は宮城県ですけど、三陸のど真ん中です。
地震も津波も県境は関係なく襲ってきました。
なぜ岩手県や宮城県ということで差が出てくることがあるのだろうか。
某スーパーでお客の若い夫婦。
「中国産のわかめでもしょうがない。三陸産よりまし」
何がましなのか意味不明。

放射能は、県境をも越えるのです。
県警や自治体じゃないんだから。
福島 福島でくくってどうする。日本いや地球の問題だ。
何かで安心したいのだろう。県だったり東北だったり東日本だったり。
グローバルの時代ボーダーレスなんてカッコいいこと言ってるくせに。

年明けたら昨年ですか?
もっともっと応援したい。
たまたまストビューで思い出します。

それでもやっぱり海が好き。

海の仲間の記録が残っているようです。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yachting.blog25.fc2.com/tb.php/278-2c651999









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。