上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年第76回全日本インカレ展望 by 外道無量院



3月11日の東日本大震災の大騒動で始まった2011年シーズンもいよいよ大詰め。全国から各クラスに24チームが江の島ヨットハーバーに集い、今年も11月3~6日の4日間(レース実施日)で、学生ヨットの総決算、大学日本一を争う全日本学生ヨット選手権(全日本インカレ)が行われる。

出場校は以下の通り。なお、括弧内は選出水域で、北から順番に並べてある。また、同一水域は、水域大会成績順になっている。

470級

室蘭工大(北海道)、新潟大(東北)、早稲田大(関東)、日本大(関東)、中央大(関東)、慶應義塾大(関東)、法政大(関東)、明治大(関東)、横浜国大(関東)、東京海洋大(関東)、愛知大(中部)、愛知学院大(中部)、立命館大(近北)、同志社大(近北)、金沢大(近北)、関西学院大(関西)、近畿大(関西)、大阪大(関西)、広島大(中国)、山口大(中国)、徳島大(四国)、日本経済大(九州)、九州大(九州)、福岡大(九州)

スナイプ級

小樽商大(北海道)、東北大(東北)、日本大(関東)、早稲田大(関東)、中央大(関東)、横浜国大(関東)、慶應義塾大(関東)、明治大(関東)、明海大(関東)、立教大(関東)、名古屋工大(中部)、三重大(中部)、立命館大(近北)、同志社大(近北)、金沢大(近北)、関西学院大(関西)、甲南大(関西)、近畿大(関西)、広島大(中国)、岡山大(中国)、香川大(四国)、福岡大(九州)、鹿屋体大(九州)、九州大(九州)


この江の島で全日本インカレが初めて開催されたのは1967年(昭和42年)。

東京五輪開催から3年が経ち、日本のGNP(国民総生産)が「世界第2位」となった年であった。GNPに代わってGDP(国民総所得)が国際指標となった現在、今年はそのGDPで中国に抜かれて、スポーツ各競技や各種産業分野でも、アジアの大国・中国だけでなく隣国の韓国にも推され気味だ。

当時は、スポーツでのアジアNo.1の地位は不動であったし、経済面を中心に日本全体が「右肩上がり」で元気が良く、将来への希望にも満ちた、現在とは対照的な時代でもあった。

その五輪開催時に建築された、東京大学ヨット部OBで、ローマ五輪スター級代表選手であった故・山田水城氏設計の江の島ヨットハーバーのヨットハウスも、建築後50年近くが経って建替えが決まっている。急遽、津波対策を盛り込む事になって計画は約1年間スリップしたが、このインカレ終了後のほぼ1年以内には、今回参加した各大学が艇を置く場所に新しいヨットハウスの建設が始まり、その新ヨットハウス完成後には見慣れた現在のヨットハウスが取り壊される。従って、東京五輪開催時のヨットハウスは、関東地方以外の多くの人々にとっては、これで「見納め」となるかも知れない。

「2011年江の島インカレ」の思い出・記憶とともに、1964年・東京五輪開催時のオリジナル・ヨットハウスの姿も、参加した選手・OB諸兄の心の中に長く刻まれていく事になるだろう。ちなみに、余談だが、故・山田水城氏は、三戸浜にあった前・早稲田大学小島合宿所の前に建てられた「早風の碑」の設計者でもある。

早稲田大ヨット部の現役選手や若いOB諸君、知っていたか?

さて、現在の470級/スナイプ級/総合優勝の表彰形態になった1979年(昭和54年)以降、過去に7回あった関東(江の島6回・森戸1回)開催では、日本大がクラス優勝7回、総合優勝4回と圧倒的な強さ・相性の良さを発揮している。ここ数年、「名門」としては不振を続けてきたが、今年の関東インカレでは僅差ながらも5年ぶりに早稲田大から優勝旗(関東インカレでは、「総合」のみ優勝旗がある)を取り戻した日本大の復活は成るのだろうか?

一方で、470級で日本経済大の4連覇、スナイプ級では早稲田大の3連覇、
そして同じく早稲田大の総合4連覇が掛かる大会である。

それぞれが連覇達成となるか、それとも地元開催に強い日本大がそれを阻止するのか、あるいは他に優勝を奪取していく大学が現れるのか?

既に、日本経済大の「470級クラス3連覇」はレコード。「同一クラス連覇記録」として、1983年(昭和58年)第48回江の島大会~1986年(昭和61年)第51回小戸大会間に達成された、日本大の「スナイプ級4連覇」が1回あるのみだ。日本経済大が今年、470級4連覇達成となれば、「同一クラス連覇記録」としてもタイとなる。また、早稲田大が「総合4連覇達成」となれば、1985年(昭和60年)第50回江の島大会~1988年(昭和63年)第53回広島大会間に同志社大が達成した記録とタイとなる。

それでは、470級/スナイプ級の各クラス別と、総合の有力校を紹介しながら展望してみよう。

白バイの取り締まり

新湘南バイパス下のいわゆる側道にて、一時停止の交差点で白バイに遭遇。
もちろんこちらが一時停止、白バイに道を譲ります。
何も問題ないですが、そこは一方通行の入り口だった。
あまりそちら側って気にしないですね。
たまたまタイミングが良かったから道を譲りましたが、一方通行から車が出てくるなんて考えないですね。
ところで白バイやパトカーは一通を逆走していいのかしら。
神奈川県警の交通課の白バイの様な自己紹介してました。
緊急走行ならいいのだろうか。
神奈川県警の白バイさん、一方通行の逆走、、、いいの?

緊急でもないですね。その後私を止めて一時停止で停止線超えてたと注意しに来ました。
まさか一方通行をUターンしてきたのか?
いやいや逆走してきたのでしょう、県警の白バイ。
一方通行の道を逆向きに止めて取り締まり中?
神奈川県の警察は一方通行を逆向きに走ってきます。
茅ヶ崎署の白バイか?
一般車は逆走しないけど、警察車両は逆走してきますから、出会いがしらの事故には気をつけましょう。

稲毛ヨットハーバーと東日本震災と台風15号被害

千葉国体から1年、稲毛ヨットハーバーはあの華やかさから一変、大変なことになっています。
20111001_014.jpg
20111001_013.jpg
20111001_005.jpg

東日本震災にてハーバーは液状化でほぼ半分が使用不可です。
今だ復興はできなく、工事が続けられています。
防波堤は沈下したまま、バースは半分使用できなくなっています。
何とかセーリングはできるものの、ヨットハーバーは安全な港とは言い難いです。

さらにさらに大変なことに、台風直撃。
満潮と高潮と強風と風向が、メガヒット。
20110921_000.jpg
20110921_001.jpg

夜が明けるとまさかの光景が。。。

This is CHIBA

20111001_016.jpg
万葉軒のトンかつ弁当とマックスコーヒー

首都高のPAで出会ってしまいました。
万葉軒のトンかつ弁当。
何年ぶりでしょう。
千葉の駅弁と言えば万葉軒です。
トンかつ弁当と言えばわんぱくの友です。神です。
ペラペラのカツ。ご飯に浸み込んじゃったソース。
何も無いおかず。省きすぎの簡易包装。
下品すぎるだろう。しかしなぜか美味い。

とにかく安い。
これにジャンボトンかつ弁当なるものがあった記憶が。
簡単に言うと、単なる大盛り。
100円ぐらい高いだけだった気がします。
これはすごい贅沢に感じていました。
そのくせトンかつ弁当を2つ食べていた気がする。

万葉軒と言えばもう一つ、菜の花弁当。
そぼろ肉にいり卵で、菜の花畑になっていました。
万葉軒と言えば、こちらが最強です。
最上級は、やき蛤弁当。
手が出せないくらい高かった気がします。
大会社の社長にならないと食えないんじゃないかと思ってました。

万葉軒もシュウマイ弁当の崎陽軒も、電車で食べないとスパイス一つ足りない気が。
昔浅間神社のところの本社に行けば、できたてのトンかつ弁当が食べられました。
でも駅弁って冷めて冷たいほうが美味いんだな。








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。