上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年全日本個選・解説と展望 by 外道無量院

3月11日に発生した東日本大震災の大混乱で始まった2011年シーズン。

直接の被害が大きかった東北水域は勿論、関東の春季インカレが中止になるなど、直接・間接に大きな影響があった。

そうは言っても9月に入り、いよいよ「全日本」のタイトル争いをする季節。
例年どおり、従来の舞台である蒲郡・海陽に戻って9月2~4日行われる、「全日本学生ヨット個人選手権」の展望と解説をしてみよう。

過去2年間に渡って両クラスの個選チャンプを独占し、有力校の中で主軸となってきた活躍してきた「チョンマゲ世代」(野球界なら「ハンカチ世代」)が卒業して抜け、フレッシュな顔ぶれでの優勝争いとなりそうだ。丁度、開幕に合わせた様に本土接近中の台風12号の動きが気になるが・・・・・。

展望と解説に入る前に、ここで、九州学連の「英断」についてまず紹介したい。

本来、「全日本個選」は各水域での個選、すなわち、水域ごとに割り振られた「枠」を争っての「予選」を戦って勝ち抜いた者にのみ参加資格が与えられる。

今年、ユニバーシアード代表に選ばれた日経大の土居/磯崎組と徳重/外薗組は日程が重なり、「水域予選」に出場できない見通しとなった。そこで、九州学連としては、その2組には「特別枠」として本選出場権を与え、予選選出枠を2つ減らすという「英断」を下したのだ。クラスは異なるが、2年前にジュニアワールド出場の為、似たようなケースが他の水域であった事を覚えている方も多いだろう。その時は、ジュニアワールドで準優勝したペアを含め、「予選不出場」を理由に遠征した2組は全日本個選でその姿を見る事はなかった。その水域学連の判断は、今回のケースと対照的であったのだ。

読み進むと、スナイプ級で今年の「本命」に挙げた同志社・西村艇がジュニアワールド(&ワールド)に出場した件に触れているが、その絶対的「本命」に挙げた西村艇でさえ、「6位」だった事を考えると、2年前に「準優勝」艇をオミットした事が如何に愚かな判断であったことか分かるとだろう。

今後もこのようなケースが起きる事は多々あるだろうし、また、その対応策への意見も様々だろう。しかし、結果的に必ず生まれるその年の「全日本個選チャンピオン」の「価値」を考えた時、実力者をオミットしてしまった場合とそうでない場合、どちらの方がより「価値」が高いかを考えれば、どのような判断の方が正しいのか、結論は明らかではないのか?

加えて、水域学連の判断のみならず、全日本学連としての対応を含め、一考を要する課題ではないだろうか。

Team ThreeBond スナイプ始動

20110826_001.jpg

新実業団チーム 活動開始です。
最近寂しくなりつつある、企業スポーツ。
全日本実業団選手権、熱い熱いですが規模が縮んできています。
今年新チームが始動です。
新たに宮杯チャレンジです。

20110826_000.jpg
20110826_002.jpg
20110826_003.jpg
20110826_004.jpg

関東で活動中のTeam SPNも活発に活動中です。
Team ThreeBond同様に、470チームは世界を目指して活動中です。
しかも今年はスナイプも新艇2艇建造。
マジです。真剣と書いてマジです。
監督自ら選手なって、練習しまくりです。
今やチームのエース?になりつつあります。
いくらオリンピックキャンペーンを張ったことがあるといっても過去のこと。
しかしマジです。ヤバいくらい練習してます。
一年前の蒲郡。レースの後フラフラになっていました。
スナイプと言うクラスだからできることでしょうか?

生涯現役。生涯スポーツのヨットの魅力です。
SERIOUS SAILING, SERIOUS FUN
真剣と書いてマジと読む。目一杯楽しんでます。

関東学生ヨット個人選手権大会&関東学生女子ヨット選手権大会

個人470
http://www.yumefusen.co.jp/tsujido_yacht/race/2011result/ic/2011-08-ko-470.pdf

女子スナイプ
http://www.yumefusen.co.jp/tsujido_yacht/race/2011result/ic/2011-08-w-snipe.pdf


写真
http://tsujido.web.fc2.com/2011/kantoicsnipeko/index.html

インターハイ in AKITA

20110822_132.jpg


写真集

http://tsujido.web.fc2.com/2011/ih0817/index.html

http://tsujido.web.fc2.com/2011/ih0818/index.html

0819分は500枚の写真がすべてピンボケで終わりました。
これにてお終い。
http://tsujido.web.fc2.com/2011/ih0819/index.html
5枚だけです。貴重です。


http://tsujido.web.fc2.com/2011/ih0820/index.html

最終結果


20110822_122.jpg

新しい出会い。深い絆。
東日本大震災。
全ての船を奪い去りました。
しかし情熱だけはどんな津波にも流されません。
宮城県塩釜高校。船もセールもハーバーも流されてしまいました。
インターハイ予選にも参加が危ぶまれます。
塩竈の伊藤監督全国に呼びかけ、逗子開成の内田監督の紹介で長崎工業の三島監督が手を挙げてくれました。
惜しげもなくレース艇をレンタル。
長崎工業は優勝、塩釜は4位入賞です。
これで船は返却されて、また何もないところから始まります。
しかし友情と絆が残りました。
船はピカピカになって戻っていくことでしょう。
しかし艇体重量は、少しばかり重たくなってしまうかもしれません。
感謝と思い出の分だけ。

ヨットレースライブ

いやー、、、、プレオリンピックの女子470メダルレース、興奮しました。
ISAF WebでGPSライブ中継。
http://www.sailing.org/london2012/WPIR2011-live-racing.php
地球の裏側でリアルタイムでヨットレースです。
愛ちゃんの金メダルか?ってことで見てしまいました。
GPS航跡のグラフィック化なので、どこまでリアリティーがあるものかと思いましたがイヤイヤ大興奮です。
思わずマウスでジャイブするところでした。
かなり精度の高いGPSと電波でしょうが、やはり誤差があるもので、それでもそこで下受けそこでジャイブって感じです。
これなら海に行かなくてもいいんじゃない?なんてね。

アメリカズカップレース。
こちらはライブ動画ですぅ。
もちろん動画のほうがいいですね、リアルタイムで見るならば。
http://www.youtube.com/user/AmericasCup
しかしアメリカズカップのコースコーディネーター、いいネエ。
こういうコース面白いじゃないですか。
コースエントランスって感じですかね、スタートからコースイン。
第1マークからラフさせないっていうのが興奮するじゃないですか。
ハイパフォーマンス艇なら、絶対この方がテンションMaxです。
特にジャイブ勝負艇なんて、こっちですよ。
49erなんて、そのままパクれますよ。
スナイプだとやっぱりクローズからですかね。
スピードが興奮しません。
ゆっくりじっくり展開をって感じ。
それでもオフセットマークのソーセージは似ているところがあります。
これも興奮の要素ですね。
もしかしてオフセットマーク上マークの上に持っていくともっと面白いのかもしれません。
上マークで4ワイド5ワイドくらいで回航していったら、テンションアゲまくり?
国体のSSなんて絶対これ採用ですよ。
スタートライン陸目の前、リーチングスタート。
見せる国体なんて言ってるんだから、良いと思います。

スナイプワールドもリザルトが結構速くて、興奮しますね。
しかしリアルタイムの情報が少なすぎて、今一つです。
やっぱりTwiterやFacebook、Mixiなんかを噛ませていくと、海いかなくていいかもね。
と言うか、海で携帯端末見ながら観戦が最高になりますね。

インターハイなんて夢の夢なんでしょうね。
現地にいても海の事わからないんですから。残念。

2011 Snipe World Championships

最終結果
ブラジルの圧勝です。
スペイン及ばず。
速い奴より強い奴の結果です。
日本チーム 番長白石、意地のダッシュ。
見事トップ10入りです。
正に日本のスナイプ番長。
しかし本当はもっともっと上を狙っています。残念。
シェイクダウンが間に合わなかったでしょうか。

以上 現地の様子が全く分からず、リザルトのみでの著者の妄想でした。




第4日目 最終日

第7レース終了時
明海師弟 5点追いついた。というより5点降ってきた。あと5点。
番長白石 20点離され10点降ってきたから、10点差をつけられシングルまで、20点か?
織機のイケメンも5点降ってきた。あと15点。
ぎりぎりの戦いになりそう。
優勝争い、ブラジルが6点リードというところまで来てしまいました。
6点差以内ならば優勝です。7位以内で自力優勝です。
スペイン 追い詰められました。
レース数が気になる展開です。

第8レース終了時
ブラジル最終レース待たずに優勝です。
連覇です。
トップなしで優勝、まさに速い奴より強い奴です。
スナイプの醍醐味。
日本チームあと5点です。おそらくシングル取ったものが順位を上げるでしょう。




第3日目

第5レース終了まで。
スペイン2艇 ブラジル4艇 アルゼンチン1艇 ほぼスペイン対ブラジル戦になりそうです。
スペイン2艇 ブラジル2艇のガチンコ四つ相撲です。
サッカーではありません。ヨットです。
日本勢 番長白石、やっちまってます。
番長白石艇と明海師弟艇がほぼタメで、ベストテン目前です。
ターニングレースはR1かR4になりそうです。
番長は両ベスト、明海は両ワースト。
さてどちらが土俵際残れるか。

ロンドンで愛ちゃん金メダルです。
なでしこ頑張る。
不沈艦隊とカナリア軍団、サムライはどこまで食らいつけるか?

本日あと1レースの、第6レースまでになりそうです。

第6レース終了時
完全なるBRA対ESP。。2艇対2艇のチーム争いになりそう。
ブラジルが点数のアドバンテージと2番艇の出来で有利そうです。
実際が分かりませんが、強さのブラジル対速さのスペイン。
2レースやろうが3レースやろうが、ガチンコ勝負になりそう。

日本勢 明海師弟 番長白石 織機のイケメン、シングルリザルトボーダーライン上です。
ガッツリ稼いで6位までの争いでしょう。
明海師弟、2レースやっても3レースやってもどちらでもあと10点です。シングル必至です。
番長白石、2レースで20点。3レースで10点です。追いつくにはもちろんシングル必至です。
織機のイケメン、2レースやっても3レースやってもどちらでもあと20点です。一発の爆発が必要です。
ブラジル スペイン アルゼンチン アメリカ 日本、アメリカはもちろんアルゼンチンまで食いたいですね。




第2日目

第4レースまで終了か?
上位5艇の第一グループ、ブラジル対スペインの一騎打ちです。
少しリードしている感じです。
続く5艇の第二グループ。
ブラジル スペイン アルゼンチンと番長白石が、ほぼタメで並んでいます。
熱いです。グループごと上位に迫るのか?
少し離され第3グループ。
それに迫る第4グループに日本艇 織機 明海師弟 開成師弟が続きます。
およそ15番台の争い。ここからシングルチームに追いつくことができるのか?
スコアー的には明海師弟チームが1日1回のシングルで、上が見えそうですが?
AIの星が輝きません。2艇とも雲の中。
輝きを取り戻せるか?
学生チーム大苦戦。日本の学連はこんなものか?
日本中の学生セーラーのプライドのためにも、ヤングパワーを爆発させてくれ。
もう一つのmade in japan。グズグズです。
前半戦は無かったと言う事で、後半に期待。



第1日目

2011 スナイプワールド ついに開幕!!!

初日20ノットの風の中 第1レーススタート。
番長白石 2位フィニッシュ 出だし好調です。

吹いた中の戦い スペイン ブラジル勢が上位に来ています。
勢力図が変わってくるでしょうか?
スペイン Zeltic
日本 Tsujido
ブラジル Diemer
と続きます。
Persson&DB に圧勝中?

風が落ちてもTsujidoは強いんだぜ。
Okumuraもいるぜ。

今シリーズ 面白くなりそうです。

2011 Snipe World Championships


tabela_barcos.jpg

宮城のヨット 松島ヨットハーバー

20110730_01.jpg

シャッターの壊れたままの艇庫の前で、出艇前のミーティング。
人の背丈くらいのところで、艇庫の壁の色が変わってます。
今だ閉まらないシャッターがあります。

20110730_02.jpg
今宮城での活動の中心の松島ヨットハーバー。

20110730_03.jpg 20110730_09.jpg
いかぽっぽ屋はやっと復興してます。
「観光客が少ないねぇ」だそうです。
松島発祥の地は、島に渡る赤い橋がまだハーバー前に浮いてます。
ヨット通り抜けられて、練習海域プロパーですけど。

20110730_04.jpg 20110730_05.jpg
日本三景松島、風景は戻りつつ綺麗です。
今日も海自の爆処理が海に出ていきました。

20110730_10.jpg 20110730_11.jpg
まだ仙石線は不通区間があります。
松島海岸駅には電車が来ていますが、石巻方面は代行バスに乗り換えです。
トラックは高速無料でした。
何年ぶりに通行券を取ったことか。

20110730_12.jpg 20110730_13.jpg
水族館も再開、賑わっているとは言えないけれど。
津波がここまで来ています。

各地からの支援です。
↓↓

宮城にやっと新艇です

20110731_01.jpg

仙台第二高校ヨット部に待望の新艇です。
なかなか支援の手が届きません。
二高ヨット部のOBたちが立ち上がりました。
「俺たちを育ててくれたヨット部、人生の原点二高ヨット部、このまま潰してなるものか。」
20110731_06.jpg
杜の都の早慶、最大のライバル仙台一高も手を差し伸べてくれてます。
高校ヨットは家族であり、ヨット部は故郷でもあります。

20110731_02.jpg 20110731_03.jpg 20110731_04.jpg

20110731_05.jpg 20110731_08.jpg 20110731_09.jpg

航海安全の神様 塩竈神社の御祈祷。
安産の神様でもあるけど、新艇と言う事で「よーし」としましょう。



20110731_12.jpg







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。