上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スナイプ テストセーリング

201104100_01.jpg

201104100_02.jpg

201104100_03.jpg

201104100_04.jpg

201104100_05.jpg

トリムシートの加工

20110410_02_20110426115855.jpg
ジブシートの取り付け部分。
確実で余分なものを無くしたシンプルタイプ。
マーキングもズレルことがありません。

20110410_03_20110426115854.jpg
20110410_04_20110426115854.jpg
取り外しタイプ。
セッティングチューニングによってマーキング位置を調節できます。

20110410_01_20110426115855.jpg
新しいシートや逆に使い古しのシートは滑りやすい。
ニューシートは織り込むときのためにパラヒィン(ロウ)を塗ってます。
お湯などで溶かして落とします。
耐水ペーパーでそぎ落としてしまってグリップを上げるのもよいでしょう。
表面が固くなってしまったものにも有効ですね。

new TSUJIDO SNIPE

TSUJIDO SNIPE フルモデルチェンジ。
シェイクダウン開始。
20110410_01.jpg

20110410_02.jpg

20110410_03.jpg

20110410_04.jpg

20110410_05.jpg

20110410_06.jpg

20110410_07.jpg

東日本大震災:奇跡の東風、ヨット部救う…宮古商業高

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110402k0000e040073000c.html

今回の被災地の一帯は、東風のことを ヤマセ と呼びます。
やませが吹くと冷害になるといわれます。
沿岸は霧が立ち込め、視界が悪くなり、船の航行にも悪影響です。
そんな嫌われ者の東風が、セーラーを助けてくれたようです。
どんなことがあっても、海は友達風は友達でいたい。
今回はよかった。
宮古湾を白いセールで埋め尽くしたい。
きっと。


レースは3時間延期された
最高傑作の文章です。
一読価値あり。

東北セーリング連盟 被害状況第1報

追記
震災で指定管理打ち切り リアスハーバー宮古
ピンチです。
厳しいです。

かすかなしるし
岩手スポーツマガジン「standard」編集部

海上保安庁と海上自衛隊

海上保安庁 漂流リスト
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/jisin/20110311miyagi/hyouryuu.htm

110325_kouhou5.jpg

東日本大震災。
海上保安庁が海の捜索をしています。
茨城県鹿島沖の漂流ヨット。
地震というより津波の被害が大きかったこの震災、多くのヨットやボートが流されたでしょう。
海上保安庁の捜索・救助状況
Webで情報を公開してます。

海の仲間、シーマンたちががんばってます。
行政、警察、消防、陸自、陸上活動は報道カメラが近くにあって目にすることが多いです。
海でも頑張ってます。

海で頑張ってると言えば、海上自衛隊。
戦争が前提だからか、装備がハンパないです。
こんなデカいホバーがあるのですね。



海保の海猿、海自の掃海の爆処理が海に潜って、捜索・復興をしているのでしょうね。
もっとメディアに出てきてもいいですね。
前から気になってたのですが、海自の作業着 地味ですよね。
第7艦隊の連中くらい派手なの持ってないのか。

偶然にも地震の日金曜日。
金曜カレーを食べてがんばってください。
早く港を復興させて、金曜カレーを被災者に振る舞ってほしいです。







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。