上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

競技規則A8(シリーズでのタイ)の解き方

RRS 付則A-得点
A8 シリーズでのタイ
A8.1 2艇以上の間でシリーズの得点でタイがある場合には、それぞれの艇のレースの得点は、最も良いものから最も悪いものの順に並べて、最初に違いのある点で、最も良い得点の艇を上位としてタイを解かなければならない。除外した得点を用いてはならない。
A8.2 2艇以上の間でそれでもタイが残っている場合には、タイとなった艇の異なる得点が記録されている最後のレースのよりよい得点で順位付けしなければならない。それでもタイが残っている場合には、最後の前のレースでタイとなった艇の得点を用いて解かなければならず、タイが解けるまで同様に行わなければならない。除外された得点があったとしても、これらの得点を用いなければならない。

選手A 20-23-12-6-11=49
選手B 10-4-28-20-15=49

さて、どちらが上位でしょう?
「タイを解く」の一番最初の作業で解けます。

ビッグイベントの国民体育大会で、間違えちゃってます。
残念。。

KANSUIRENから、セーリングクリニック開催のお知らせです。

kansuiren_thai_clinic.jpg



2000年に国際オプティミスト級のセーリングクリニック(第1回湘南オプティクリニック)を、神奈川県三浦半島の初声で実施以来、これまでに11回のセーリングクリニックを開催して参りました。2004年からは、その開催場所を海外にも広げ、日本とタイの合同クリニックとしても、過去5回の開催実績があります。

この度も、タイ王国海軍(RTN)、タイヨットレース協会(YRAT)の協力を得て、2011年3月26日~4月2日に、「第12回湘南オプティクリニック」として、6回目のタイ開催を実施する事になりました。

先ごろ終ったばかりの広州・アジア大会では、日・タイ両国のエントリーが揃った五種目、すなわち、420級男子、レーザーラジアル級、OP級男・女、RS-X級男子の直接対決では、何とタイ側の5勝0敗。獲得メダル数でも、金3、銀1、銅2の実績を上げて日本勢を上回ったタイのナショナルチームが、そのトレーニングのベースキャンプとしているチョンブリー県サタヒップ市のタイ王国海軍内セーリングセンター。そこで、タイのオプティセーラーと一緒に走り、また、タイヨットレース協会のナショナルチームコーチに直接の指導を受けられます。

この4~5年で劇的な進歩を遂げたタイのジュニア・ユース層の強さと層の厚さの秘密は一体、何なのか!?

選手自身、また、コーチ自身が直接に体験し、その「上昇気流」に触れる絶好のチャンスです。

応募の締め切りは年内一杯、お申し込みはお早めに!!

なお、詳しい募集要項や過去の体験レポート・報告書等は、KANSUIRENのホームページ(下記)に掲載中です。

http://sites.google.com/site/kansuiren/home

また、12月12日(日)のユースクリスマスカップ開催中の昼間に、江の島ヨットハーバーで最終ガイダンスを開催予定です。

KANSUIREN(関東水域OP連絡会)
Commodore(会長) Koji Masukawa(増川 幸嗣)

2010年第39回全日本470・展望と解説 by 外道無量院

11月20日から23日まで、新西宮ヨットハーバーをベースに第39回
全日本470級ヨット選手権・第24回全日本女子470級選手権大会、いわゆる全日本470が開催される。

今回は、アジア大会出場中の原田/吉田組、近藤/田畑組が欠場の為、見る側にとっては物足りない感はあるが、出場選手にとっては、「全日本470チャンプ」というビッグタイトル獲得の絶好のチャンス到来でもある。

それでは、有力選手を紹介しながら、展望してみる。

Crash and Burn





↑↑
アンカーロープが解けたならまだこれくらいですが、
この網が解けた日には、
マークがプリーンと飛んでいきます。
つかむところがないので
そりゃもう大変。。。

2010年第75回全日本インカレ総括 by 外道無量院

「蒲郡の風は裏切らない」

2004年のアテネ五輪前まで、この海陽YH沖が国内でのナショナルチーム選考レースの開催場所となり、12月の極寒の強風下、約1週間にも及ぶ死闘が繰る広げられてきた。2003年12月に行われた選考レースでは、今や、商売大繁盛、「忙しすぎるコーチ」と変身した高木克也や、現在では国内敵無し、「スナイプ番長」を名乗る白石潤一郎が、NT枠の6位まで(当時)に入れず、この地で実質上の470五輪キャンペーンを終えたシーンが、今でも私のまぶたには鮮明に焼きついている。

冒頭は、小松一憲(当時・オリ特コーチ/現・アビームコンサルティング・コーチ)がその選考レースを終えて吐いた言葉だ。

その「蒲郡の風」が吹くには、若干、微妙な開催時期ではあったが、ヨットの神様が、学生各位の日頃の努力に応えたかたちなのか、2日目以降の7本は、疑い無く、「蒲郡らしい裏切らない風」の条件下でのレースとなった。

従って、ごまかしようの無い、非常に「実力どおり」に近い結果が出たのだ。数多くの参加校の中には細かい事情や事件もあり、多少の順番に狂いは出たが、470級日本経済圧勝とスナイプ級・総合の早稲田優勝を含め、総合は「早慶関関日同」に、スナイプでの国立・金沢大の6位入賞。

予想が外れると、「ビックリしましたねえ!」と言ってごまかした、「競馬の神様・大川慶次郎」などは話にならない、我ながら完璧な予想だった。何か文句があるら直接にメールで書いて来い!!

映画『きみがくれた未来』 12.23(木・祝) 全国ロードショー



映画『きみがくれた未来』 12.23(木・祝) 全国ロードショー

配給:東宝東和
オフィシャルサイト
http://kimi-mirai.jp/

■ストーリー

ヨットレースでめざましい成績をあげ、名門大学へ進学するチャンスを手に入れたチャーリー・セントクラウド。そんな彼をヒーローとして慕う弟のサム。日没のキャッチボールを日課にする2人は、誰よりも固い絆で結ばれた仲の良い兄弟だった。しかし、交通事故でチャーリーだけが生き残ったことから、兄と弟は生と死の世界に引き裂かれてしまう。その悲しみの中で、チャーリーが目にしたのは、墓地の裏手の森の中にたたずむサムの姿だった。「遅刻だよ」と微笑むサムに、日没の時間、同じ場所でキャッチボールの日課を続けようと約束するチャーリー。それ以来、進学もヨットもあきらめ、サムとの約束を守ることだけを胸に生きるチャーリーだったが、5年後、新たに訪れた愛の出会いを通じて、自身の生き方をみつめなおすことになる......。








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。