上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強さはチーム力

CA3B0031.jpg

チーム一の力持ちは、日本一のマネージャーに。
早い情報と詳しい活動報告。
K.Gブログも今や日本一。

写真は女子大生のほぼ盗撮状態です。ごめんなさい

CA3B0032.jpg
CA3B00300001.jpg

必見、「日建・レンタコムカップ」・第19回全日本女子インカレ!!

必見、「日建・レンタコムカップ」・第19回全日本女子インカレ!!

日建レンタコム・グループをスポンサーに得て始まった、学生女子選手のみによる全日本学生女子ヨット選手権、いわゆる、全日本女子インカレも今年で19回目を数えるまでになった。9月18~20日の3日間(3連休)、全8レース、低得点方式、ノン・ディスカードで女子学生ヨット日本一が争われる。

この大会が始まった頃は、正規チームでレギュラーを張るような男子選手との差は大きかったが、以降の女子選手のレベルアップは目覚しく、10年ほど前からはインカレ本戦で優勝を争うようなチームのレギュラーを生み始め、さらにここ数年は堂々とそのチームの中でもエース格だったり、全日本個選では並み居る男子選手を蹴散らしての上位入賞は当たり前、ついには、そのチャンピオンを生み出すという状況までになった。また、そういったトップクラスに限らず、今や、ほとんどの大学ヨット部は、女子部員抜きでは、成り立たなくなるほどの勢力になっている、と言っても過言ではない。

北京五輪代表で、次期ロンドン五輪でも有力視される日本ヨット界のエース・近藤愛(アビーム・日大OB)や、現在はそのクルーをつとめる田畑和歌子(アビーム・第一経済大/現・日本経済大OB)も、ともに当大会での優勝経験者である。

*特に、近藤愛は、スナイプ級で1回、470級で2回の合計3回の優勝を連覇で遂げている。

そういった意味で、「全日本選手権」としては、比較的歴史は浅い方ではあるが、学生ヨット界のみならず、日本セーリング界に対する貢献度が大きい大会だ。改めて、この大会創設に努力した関係者と、スポンサーであるニッケン・レンタコムグループの先見性と努力はもっと評価されるべきと考える。一方、選手のレベルアップに反比例するように、国内唯一のヨット界月刊誌・「舵」での扱いは年々小さくなっている。この事実は、特にスポンサーに対して非常に失礼な事ではないだろうか?

「失われた20年」とも言われるバブル崩壊後の厳しい日本経済の状況下、そのほぼ全期間に渡って支援し続けてくれるスポンサーに対しての「恩返し」とは何か?今や学生ヨット界唯一の「冠大会」でもあり、運営サイドも良く考えないと、いい加減に逃げられてしまうのではないか、と毎年心配しているここ最近である。

第17、18回大会と、ここ2年間は全日本個選との2週連続開催で、同じ蒲郡・海陽YHで開催されたが、今年は、3年振りに、本来の舞台である学生ヨットの「神宮球場」、葉山沖(葉山新港)に戻って開催される。

それでは、有力な選手を取り上げて、解説を加えて展望してみる。







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。