上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010全日本学生ヨット個人選手権 展望 by 外道無量院

例年、この大会は蒲郡・海陽で開催されるが、今年は学生ヨット総決算の全日本学生ヨット選手権(全日本インカレ)が、その蒲郡・海陽開催という事で、個人選手権は福岡・小戸で9月3~5日に開催される。 ご存知の方も多いとは思うが、左手に見える糸島半島と、目の前に聳え立つ能古島に挟まれた水道から吹き込んで複雑に変化する風や、閉鎖的な海面に流込んでくる強くはないが複雑な潮流など、結構、クセのある水面で、総じて、地元勢、もしくは地元経験者が有利ではないか、というのが基本的・個人的な見解である。加えて、現在、沖縄付近にいる台風7号と、台湾付近で発生した台風8号がレース期間直前・中に接近する可能性もあり、今後の動きに注意が必要だ。また、「ボーナス得点方式」・「ディスカード無し」という、選手にとっては、最終レースのフィニッシュまで一瞬たりとも気を抜く隙がなく、最後まで大逆転もアリの得点方法が採用されている。

それでは、今年も各水域から有力な選手を拾って優勝候補の選手を展望してみる。








東日本スナイプ

沖縄インターハイ








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。