上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2010春季学連ヨット総括&勝手ランキングby外道無量院

ゴールデンウィークを中心に春季シーズンに行われた関東、関西、近北、九州(西日本)のレガッタ、及び主要各校間の定期対抗戦の結果を参考に、今年も解説を加えながら総括し、最後には春季時点におけるランキングを勝手につけさせて頂く事にする。

関東水域

関東水域では、東京六大学戦(早慶明法立東)、同五大学戦(早慶日明中)で、正規スキッパー1名を欠いた五大学戦のスナイプを除き、今シーズンも引き続き両クラスで勝利を重ねていた早稲田の優勢が大方では予想されたが、春季インカレでは僅差ながらもその早稲田を両クラスで退けた慶應義塾が完全優勝を果たした。

慶應は、予選段階では両クラスで1、2番艇を温存。決勝に入ってから投入したベストメンバーで初日から両クラスでトップに立ち、最終日にも差を広げて逃げ切った。昨年や今シーズンに入っての定期戦では、前半はリードしながら途中で早稲田にひっくり返される、というパターンが目立ったのだが、今回は最期まできっちりと勝ち切る事が出来た。何と言っても、両クラスのレギュラー12名全員を高校時代以前からの経験者で揃えており、「ヨット&ヨットレースを知っている」、のが強みだ。そのうち、470・2艇とスナイプ・3艇のスキッパーはすべてオプティミストからの経験がある、いわゆる「ジュニア上がり」。「ノン・セレク」の慶應にとってはめったにない経歴のメンバーが揃った。全国制覇には絶好のチャンス到来か?470エース・スキッパーの河合龍太郎(主将・塾高)は、昨年の関東個選を圧勝。優勝が期待されて乗込んだ蒲郡・全日本個選では福岡経済勢(当時)や関西学院勢など他水域の強豪に歯が立たなかっが、全日本インカレでは確りと立て直し、総合2位の原動力になった。ジュニア時代にはオプティミスト級世界選手権に複数回の日本代表歴があり、高校から故郷の浜松を離れて塾高に入学、以来単身の下宿生活だ。高校時代はさしたる実績を上げられなかったが、「山田寛以来の逸材入学」という評判で、上京当初からOBの期待は大きかった。彼が主将となって迎える今年、周囲も充実したメンバーが固めるのは前述の通り。一方、スナイプのエース格だった小島朋之(4年・サレジオ学院)もジュニア時代にはオプティミト級北米、欧州選手権の代表歴があり、ヨット部の無い高校時代は、神奈川県ユースに所属してシングルハンドに乗り続け、高2、高3時には2年連続での国体入賞実績がある。塾入学後は、河合同様に1年時からレギュラーポジションを確保、愛称も高校までの「コジコジ」から「コジトモ」に出世。ところが、「好事魔多し」。今冬季オフ期間中にフットサルで右手を骨折、2~3月の練習をほとんど出来ずに3番艇に降格扱いか、練習不足を補う意味からか、予選からフル出場した。心配したように予選・決勝を通じて昨シーズンのような「エース」の走りは最後まで見られなかったが、しかし、今季から新たにレギュラーに定着した、「1年間の謹慎明け」の佐藤洋平(3年・秋田中央)と、やっと「やる気」が出てきた国見優太(4年・塾高)という、「ジュニア上がり」の僚艇スキッパーが確りとスコアをまとめてカバーした。以上の経過からして、はっきり言うとまだまだ慶應スナイプスキッパー陣は3名共揃ってこの春は仕上がり途上、といった状態で、戦前は「本格化は秋になってから」、と書こうと思っていた。しかし、こうも早く結果を出してしまった事で、言い訳として、更なる伸びシロを大いに待させて頂く事としよう。ともかく、破った早稲田スナイプのスキッパー全員が、昨年の全日本インカレ・クラス優勝時と同じメンバーであることから、今回の結果は素直に評価したい。

三田ヨット倶楽部(OB会)では、今回の快挙に沸き立ち、5月19日の常任理事会を時間を切上げて打切り、祝勝会を開催したようだ。会は大いに盛り上がり、ある常任理事から、「『全日本インカレ優勝』で日本有数の温泉街高級旅館に現役を宿泊招待。また、『完全』なら芸者付き!」、という誠に景気の良い発言まで飛び出したと聞く。私からは、祝電の代わりに佐竹美都子コーチ(同志社大OG/アテネ五輪女子470級代表)に対し、「美人過ぎるコーチ」の称号を贈ると共に、以前より改善されたとは言え、トップを争うライバル校と比較するとまだまだ劣るハード面強化の為、両クラスに各1艇の新艇寄贈をお願いしたい。

両クラスで2位となった早稲田は、予選とは違い決勝に入ってからは「英語」も無く、特に大きな失敗や失策があったようにも見えず、敢えて敗因を探せば、昨年の全日本個選スナイプ・チャンプの木内蓉子(4年・湘南)が、昨シーズンほどの走りを出来なかったことくらいか。今シーズン当初からの不調が長引いている事を考慮すると、男子以上に厳しいとされる女子大生就職活動の影響かとも推測するが、そうであれば悪いのはキミでは無く、「世間」だ。気にするな!余計なお世話か!?ともかく、あとは「力通り」には走っているように思えた。新レギュラーの西村元(3年・清風)は、今までの実績からして初舞台にしては良く走った、とは言えないか?それだけに今回の「2位」、には実際の点差以上の「差」を感じ、敗戦のショックが大きいのだろうが、ここは早く切り変えて、ライバル・慶應の健闘を大いに讃え、自らの奮起を促せば良いと感ずる。「勝負」なのだから勝つ時もあれば、負ける時もある。運が左右する時もある。誤解を恐れずに言えば、一昨年はともかく、昨シーズンは、「うまく行き過ぎた」だけ、と考えれば良いではないか。「結果」そのものより、畠山監督はじめ首脳陣が、「久々の敗戦」、に対し、過剰に反応している事の方が気になる。ともかく、かなりの危機感を持って早速に「53年ぶり」当時の主将・神谷航路(NTT東日本)にも、「フロント・スタッフ」、という名称の現場コーチをアサインしたらしい。念のために申し上げておくが、「フロント・スタッフ」とは言っても、チンピラやくざの「ハガシ(取立て)役」や、30年前の「ディスコの黒服」ではないので悪しからず。

そう深刻にはならずとも、冷静になって敗因を探せば、梅野任司(2008年卒OB)の悪戯の結果、という単純な問題ではないのか?程々にしろっ!!

話は変わるが、畠山監督就任時前後に分裂してから久しい早稲田ヨット倶楽部(OB会)では、5月29日に行われる第6回早慶OB戦(隔年開催)に際し、会長の並木氏と元・監督の加藤氏が共に参加予定との情報が寄せられた。こちらはようやく和解に向けて一歩踏み出したようだ。再び「埋蔵金」を掘り出して、新年度スタート時に計画した両クラスに新艇の投入が実現か?!

総合3位の日大は、両クラスで起用が予想された女子スキッパーを2名とも降ろし、両クラス全艇を男子スキッパーで揃えて臨んだ。前哨戦の春季関東女子インカレでライバル校の後塵を拝したスキッパーは使わない、という渡辺監督の強い「覚悟」を感じたが、残念ながら抜擢された男子選手の走りにはつながらなかった。以下、法政、明治、中央は両クラスにギリギリの部員数ながら、何とか戦力的には体裁を整え、両クラス・総合での「3位争い」は接戦になった。しかし、上位2校との大差の現実に、「打倒早慶」までを本気で考えるなら、「3番艇の強化」だけでは足りないのもまた共通した課題であろう。











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。