上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第38回全日本470級ヨット選手権大会

第38回全日本470級ヨット選手権大会が、11月19日から福岡県小戸にて開催されます。
もちろんオリンピック種目の選手権であるので、誰が勝つのかは気になります。
しかし今年の大会は、いや大会実行委員会のチャレンジがもっと気になります。
福岡県セーリング連盟 http://www.fsaf.net/

今年の選手権では、初めてメダルレースを採用します。
先程レーザーで日本初のメダルレースが行われました。
そしてそして速報をネットで発信します。
最近ではネットによる情報発信が盛んになってきています。
その日の夜には成績が見られるようになって来ました。
しかしリアルタイムの発信がまだまだです。
三船さんの意気込み、大期待です。
ヨッティング http://www.yachting.jp/index.html

最近では海外からの情報発信がすごいです。
リアルタイムでレースを知ることができます。
インショアのレースならその場にいるような臨場感で感じることができます。
オフショアでもあの世界一周レースでさえ、そのときを知ることができます。
このごろは、日本で行われているレースより先に、海外レースを知ることができます。
日本どころか、近所のレースでさえわからず、ハーバーに行っても情報を得られないことがあります。
地球の裏側のレースがもうすぐスタートだとわかる時代に、ハーバーにいてスタートしたことすら気づかないほどでは、誰がレース観戦に行くものですか。
今年の○体のレースでは、公式掲示を見に行くのに自転車で3分って。
今時ですか?

福岡でのチャレンジ期待します。
しかし日本の特徴、って言うか、日本特有の情報共有アイテムの携帯電話が活用しづらそうです。
高木さん、もうひとつがんばれないでしょうか?
公式掲示を携帯電話で見られるようになるともっと便利そうです。
着順も見ることができるようになると、もっと盛り上がりそうです。

レース中の無線や携帯電話の使用は禁止ですが、引き続きのレースの間に携帯電話で今のレースの着順が見られたら、もっと盛り上がりませんか?
気象情報なんかメールで流しちゃったらどうでしょう。
もう携帯でコーチと作戦会議でも良いんじゃないですか?
パドルやアンカーと同じ扱いでも良いんじゃないですか?
レース終了直後にメールでプロテスト委員会にプロテスト報告なんてどうでしょう。
国際VHSなんかだとフルタイム気象情報を流してます。
なんか面白いアイデア沢山できそうです。
GPS携帯なんか使えそうなんですけど。

海保では携帯電話の所持を呼びかけています。
海に出るときには、防水した携帯電話を。
もしものときは118へ。

2009年全日本インカレ総括 by 外道無量院

全日本インカレを総括する。

レース結果は、既報の通り、「早稲田、初の総合連覇&スナイプ級優勝」、と「福岡経済、470級2連覇」で幕を閉じた。470級5本、スナイプ級3本、と実施方式と同様、変則的な大会となった。

総合の順位は、「早慶関関」。













ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。